貴乃花親方の血液型は?家族は?病気は?おかしい?子供?座り方?

貴乃花親方の血液型は?家族は?病気は?おかしい?子供?座り方?

Pocket

今日は貴乃花親方についてまとめてみたいと思います。

 

これまでにも多くの報道があった貴乃花親方。

メディアに対する徹底した黙秘などが印象的で

通常あまりしそうにない対応をやってのける。

 

こうした行動には賛否あるかと思いますがあなたは自分の理解できないことが起こった時に

つい理由を探そうとして血液型に行き着くときってありませんか?笑

 

人は地球上にたくさんいるので血液型だけで人を判断するというのは

ナンセンスなことではあるとは個人的に思うのですが

それでもやっぱり理解しづらい行動を目撃した際やっぱり気にはなってしまいますよね。

 

ということでまず

 

貴乃花親方の血液型は?

元横綱の日馬富士関【 33:O型 】が引退した事件で怪我をした被害者である貴ノ岩関【 27:O型 】の所属する

貴乃花部屋の親方である貴乃花( 光司 )親方【 45 】。

いろいろと騒がれている貴乃花親方の血液型は何型なのか?

貴乃花親方の血液型はウィキペディア情報では「 O型 」であると記している。

実際ウィキペディアが必ずあっているというわけではありませんので確実なのかどうかは

よくわからない部分ではあるのですがO型であると記載されています。

 

貴乃花親方の家族は?

 

次に貴乃花親方の家族についてまとめてみましたので是非ご覧ください。

貴乃花親方の嫁は元アナウンサー・河野景子!宮沢りえとの婚約解消の過去も

 

貴乃花は若くして8歳年上の元フジテレビアナウンサー・河野景子と結婚

貴乃花さんは、新横綱となった1995年に22歳という若さで8歳年上の

元フジテレビアナウンサー・河野景子さんとの結婚を発表しています。

結婚発表時には河野さんはすでに妊娠6ヶ月を迎えており、当時世間を驚かせました。

河野さんは、上智大学卒業後の1988年にアナウンサーとしてフジテレビに入社。

上智大学在学中にはミスキャンパスである『ミス・ソフィア』に選ばれた美貌の持ち主で、同期入社のアナウンサーだった

有賀さつきさん、八木亜希子さんと共に「花の三人娘」とも呼ばれていました。

 

1994年3月にフジテレビを退社しており、その翌年に貴乃花さんとの結婚、妊娠を発表しています。

河野さんは当時のことを振り返り、貴乃花さんと結婚したことについてこのように語っています。

当時は角界のスーパースターとフジテレビの人気アナウンサー。景子さんは「あまり(相撲の世界を)知らないから

飛び込めたのかもしれないですね。この人に付いていけば、自分の人生、どうにかなるかなと思ったんですよね。

深く考えなかったですね。軽い気持ちで入ったら、ビックリすることばっかり」と回顧して苦笑い。

 

また、貴乃花さんも自分がテレビ業界の人と結婚するとは思っていなかったと明かし、かけ離れている世界だと感じたそうです。

2003年に貴乃花さんが現役引退後し、父親から相撲部屋を引き継ぎ親方となってからは、河野さんは

「貴乃花部屋」の女将に。弟子たちの世話など部屋を影から支える存在となっています。

女将としては、弟子の成長に大きな喜びを感じると語っていました。

 

もちろん土俵で勝って番付が一枚でも上がるのも嬉しいですが、新弟子として叱られながらやってきた子が、

いつの間にか次の新弟子の指導をやっている。そんな光景を見ると、おかみをやっていてよかったと思いますね。

こういったコメントを聞くと相撲のことをあまり知らない私でも

何だかいいなという気持ちになります。

 

おかみさんの存在が力士のみなさんにとってもすごく大きいんでしょうね。

 

貴乃花親方と宮沢りえの婚約解消騒動

 

若くして河野さんと結婚した貴乃花さんですが、河野さんと結婚する前だった1992年に、

宮沢りえさんと婚約発表するもわずか2ヶ月で解消するという衝撃的な事件が起こっています。

大関昇進前だった貴乃花(当時は貴花田)さんと、まだ19歳で人気絶頂だった宮沢りえさんとの

婚約は大きな話題となりました。

ですが2ヶ月後、まさかの婚約解消を発表します。

 

しかしそれから2カ月後、永遠を約束したはずの2人の愛が突如として終わりを迎えます。

貴乃花が史上最年少大関となった同日に「連絡もとってないし、会ってもいない」「(彼女への)愛情がなくなりました」

と語り、りえもその2日後、破局会見を開き「残念です」と破談を認めたのです。

 

幸せそうな婚約発表から一転、詳しい真相は明かされなかったため多くの憶測が飛び交いましたが、

貴乃花さんのあまりの変わりようには批判の声が集中したと言います。

その後は騒動も徐々に忘れられ破局理由も不明なままとなっていましたが、

実は宮沢りえさんの母親から依頼を受けた美川憲一さんがりえさんに貴乃花さんとの婚約の解消を説得したことが後にわかっています。

 

この話は凄いですよね、ちょっと関係者ではない私には何がなんだかさっぱりわかりませんが

芸能人と婚約ができるって一般的にはものすごいことですから。

一体この2か月に何があったのでしょうか、真相はもはや本人にしかわからないのでしょうね。

 

貴乃花の子供は3人(息子・娘)!息子・花田優一は靴職人で妹を溺愛

貴乃花さんと河野景子さんの間には、長男・長女・次女と3人の子供がいます。

 

長男の花田優一さんは最近イケメン靴職人としてテレビなどにも出演し話題になっていますね。

花田 優一(はなだ・ゆういち)

 

1995年9月27日生まれ。

昨年バラエティー番組に初出演し、まだ若いながらも靴職人となっている姿が話題となりました。

司会の明石家さんまさんは「好青年やな~!」と絶賛していましたが、本人は編集されてそのように見えるのが逆に嫌だとも話しています。

 

若い時の貴乃花に似てるの声

 

顔の感じがとても似ていますね!

優一さんは力士になろうとは全く思わなかったそうで、父・貴乃花さんが厳しすぎたために

「早く強くならないと」との思いから逃げるように15歳で渡米したと言います。

15になると新弟子が入ってくるじゃないですか。そうすると、同級生の子たちが出てくるのに、

息子ができてもないのに弟子に叱れるワケがないと。小学6年までは、年に1、2度だったんですよ、怒られるのが。

卒業式の日に母と3人でご飯を食べていたら、「明日からお前が調子に乗ったら引きずり回すから」って。

次の日学校から帰って「ただいま」って言ったら、「何だそのただいまは」ってなって。

さらに18歳にはイタリアに移り住み、そこで靴職人としての修行をスタート。

 

貴乃花さんはもともと優一さんには「お前はほかの世界で苦労をして、それをパパに教えてほしい」と

伝えていたそうで、留学にはいい顔はしていなかったものの優一さんの師匠に会わせたときには

優一さんが自分の道を見つけたことを喜んでくれたようです。

現在は靴職人として働いており、オーダーは1年先まで埋まっているそうです!

 

 

違う世界で息子が活躍する、これは父親として凄く嬉しいことだと思います。

本当に色々あったとは思いますが全て過去の経験があって現在の成長があると考えると

つい感動を覚えてしまったことを思い出しました。

 

花田優一の妹の溺愛っぷりが話題に!「口にチューします」

優一さんの下には、妹が2人います。
長女は5歳下、次女は8歳下で、現在は高校生と中学生となっています。

お名前は長女が晏佳(はるか)さん、次女が晃帆(あきほ)さんだと言われているようです。

 

親方似の長女を見て、「男の子だったらねー」と言う人は多いと、景子さんは苦笑した。

「よく娘は父親に似ると言いますでしょう。過分に父親の遺伝子をもらった感じはありますね。

運動神経も体形も。長女は『工事の人になる』って言っていたんですけどね。

『パパがコウジ(光司)という名前だからだ』って(笑)」

母親の景子さんがこのような話もしており、長女は背も大きく運動神経がとてもいいようですね。
現在はバスケットボールをしていると言われています。

ちなみに、貴乃花さんは娘さんたちに対しては優一さんとは真逆で激甘の態度のようです。

 

優一さんもこの2人の妹への溺愛っぷりを番組出演の際に語っており、その内容には出演者のみならず、

ネット上でもかなりの衝撃の声があがっていました。

 

その一つが、現在高校2年と中学3年になる2人の妹を大事にするというもので、

「何か迷ったら、『妹のためだったらどっちを取るのがいいか』を考えます」と語った。

仲の良さはスタジオも驚くほどで、「妹は帰宅すると、ただいま!にいに~ってチューします。

口に。それでケンカして別れた彼女2人くらい居ます」と優一氏。

 

彼女と交際する条件も、妹にとっていいか、悪いかを判断するそうで、

「妹にとって最高の人だと思うから付き合ったんだよ」と、相手に伝えるという。

最初は喜んでくれるそうだが、妹が1番という状態がだんだんと不満になり、破局を迎えてしまうと明かした。

 

スタジオで聞いていた、チュートリアルの徳井義実さん(42)も、

「僕も妹いて嫌いじゃないけどキスしようとは……」と驚きっぱなしだった。

 

これは私も正直びっくりしました笑

もちろん本人同士の自由なので何とも言えませんが

一般的にアカンやつや・・。

 

といった印象でしょうか。

 

貴乃花親方がおかしい?

数々の優勝や名誉を残し国民的に知れ渡った貴乃花親方ですが、気になる噂も存在します。

それは貴乃花親方について調べていると『貴乃花親方 おかしい』というワードが出現しているのですが・・・

一体どういうことなのでしょうか?

調べてみると、貴乃花親方が引退した後急激に激ヤセしており、

見た目や表情がおかしいという声がネットで噂になっていました。

 

確かにTVなどで目にした際に現役時代に比べるとかなり痩せた印象がある貴乃花親方です。

体重にして現役時代の160kgから現在は73kgと言われており、

約80kg以上のダイエットに成功しているみたいです!!

 

通常のダイエットでは考えられないくらい体重を落としていますね・・・。

 

なんでもそのダイエット法は自身で考えたものらしく

『シコアサイズ』というダイエット法みたいです。

 

相撲女子たちにブームみたいでDVDにもなっているくらい人気のダイエット法みたいですよ!

 

おかしいといわれる原因はあの病気?

貴乃花親方が痩せすぎで病気説が多数上がっていますが、

確かに激ヤセしており病気が疑われても仕方ないような見た目です。

 

そこでネットやSNSを調べてみるとガンではないか?という情報が多数上がっています。

やはり激ヤセするとなると疑われるのが癌ですよね・・・。

 

貴乃花親方が癌ではないかという声が多数上がっていますが、現在も貴乃花部屋の親方として仕事をしていますし、

病院に通っているという情報もありません。

 

もしかしたら本当に痩せすぎただけなのかもしれませんので病気と決めつけるのは早そうです。

 

じゃあ原因は洗脳?

ちょうど平成バブルの1991年頃に世の中は空前の若貴ブームに沸いていました。

若乃花、貴乃花と兄弟横綱でひとつの時代を築いていました。

1991年それまで横綱のかっこたる地位を築いていた千代の富士とのいちばんで貴乃花親方は金星を獲得しました。

よく1992年に史上最年少で幕内優勝。

1993年に史上最年少で大関昇進。

1994年に横綱に昇進するほどのスピード出世を実現しました。

 

優勝回数22回、平成の大横綱と呼ばれひとつの歴史をつくった貴乃花親方。

この新しい歴史である、若貴ブームが10年程続きましたが、貴乃花親方は突然兄である若乃花との絶縁宣言をします。

1998年9月1日のことでした、その時に貴乃花親方が言った言葉が「若乃花の相撲には基本がない」でした。

 

この言葉について、貴乃花親方の父親である故二子山親方は「貴乃花はしっかりと洗脳されている。本人にスキがあった」と

コメントし、貴乃花が洗脳されていたことを認めました。

当の本人は洗脳を否定していました。

 

貴乃花親方を洗脳したと言われる人については、父親である二子山親方自身が紹介した整体師の富田多四郎さんだったようです。

 

貴乃花親方の洗脳は整体師が原因!?

貴乃花親方は、兄の若乃花関と一緒に整体師の指導を受けていましたが、

兄の若乃花関は途中で指導を止めましたが、貴乃花親方は整体師の指導を続けていったようです。

続けた理由は、「引退を考えていたときにある先生に相談した」と話していたくらい、整体師を信頼し、心酔していたからのようです。

 

それから7年程して、父親である初代貴ノ花が死去し、告別式で会った貴乃花親方と若乃花関の兄弟間で確執浮き彫りになり、

目も合わさない兄弟として、大きなニュースとなりました。

洗脳騒動があった時には、二子山親方は、

「貴乃花は引退したらいずれ理事長になれる存在だから、親方になってから報道されると

理事長になれないため膿は今出しておくべきだ」とインタビューで語っていたようです。

 

そんなインタビューの内容や、コメントに対しても、貴乃花親方は見向きもせず、

親や周囲からも否定されたり反対されながらも、お世話になった整体師へ失礼なことはできないと言って、

騒動の渦中でも整体師のもとに通い、メディアなど報道陣の取材には一切応じませんでした。

メディやの取材に一切応じないのは、今回の日馬富士の暴行事件でも同じ対応をしていますね。

 

そんなこともあってか、貴乃花親方と相撲協会との間では問題が多かったようです。

相撲協会との間の摩擦には今でも続いているとの声もあるほどです。貴乃花親方の父親の二子山親方が死去した後、

貴乃花親方はテレビなどマスコミを通して、マス席の販売方法や小中高一貫の相撲学校設立など、

独自の協会改革案を提案したことがありました。

相撲協会に断りなく、勝手にテレビを通して提案や宣伝をしてしまったようです。

 

これについては相撲協会で問題になり、緊急理事会が開かれるまでに発展しました。

この件で、貴乃花親方は相撲協会から厳重注意されたのでした。貴乃花親方は、

「申し訳ありません。今後そういうことがないように努力します」と謝罪しました。

 

その後も、当時の友綱理事の目の前を素通りし、「あいさつしないのか」と言われたり、

振り返りざまに目が合っても挨拶をしなかったなどと振る舞いや礼儀作法の問題を指摘されることが多くあったようです。

貴乃花親方は。理想論が強くて、独自の改革案を出したのは親方になって2年目という早い段階での行動でした。

この事もあって、相撲協会からは反発の声があったのかもしれないと言われています。

その後、10年以上の年月が経ってからも改革案があっても、一緒に提案したり、協力してくれる人がいないので、

貴乃花親方の改革案の実現というのは実現が難しいと言われたりもしています。

 

整体師はどんな人?

 

1988年頃に「貴乃花洗脳騒動」と騒がれた整体師の富田多四郎さんとはどのような方なのでしょうか。

富田多四郎さんは鍼灸治療院「筋骨堂」の院長をしている方です。

 

当時「若貴不破騒動の張本人」とか、「貴乃花を洗脳した謎の整体師」などといわれていた方です。

 

整体師としての腕はすごいそうで予約を取ることも難しく、会ってみてもらえるだけで凄いことのようです。

1999年の夏に起きた洗脳騒動では、富田多四郎さんの家族まで巻き込んでの騒動となりました。

このことが原因で次第に貴乃花親方との距離を置くようになりました。

貴乃花親方といた時間が長かったため、貴乃花親方の考えていることや

心の中にあることは手に取るようにわかると言っていたようです。

 

冨田多四郎さんの腕は表便が甥だけあって、治療は素晴らしい効果があったそうです。

貴乃花親方が通い始めて最初のうちは身体をみて身体のことを教えてくれていたそうです。

 

ところが慣れてくるにつれて相撲の内容などにまで口をだすようになったそうです。

冨田多四郎さんには独自の理論があって「脳内思考」と呼んでいたそうです。

 

脳や宇宙の話にまで話が発展していくそうです。

その理論に関係ある言葉を紙に書いて貴乃花親方に渡していたそうです。

その数は全部で数百枚にもなったとか。

 

兄の若乃花が冨田多四郎さんの治療院に行かなくなったきっかけは

若乃花の親父である二子山親方を侮辱したことだったそうです。

「大関にしか上がれなかった人間が、横綱をつくれるはずがない」

「もう来ません。光司(貴乃花)は僕が守ります。」

「お前は心が悪い。だから横綱になれないんだ」

 

これを聞いた二子山親方と貴乃花親方のコメントはこうでした。

 

二子山親方:「あんなことを言って、光司が体を診てもらえなくなったらどうするんだ」

貴乃花親方:「そんなことを言って、冨田先生から離れると、マーちゃんはどんどん弱くなるよ」

まるで洗脳されているとも思える貴乃花親方のコメントでした。

あれから20年近い月日が流れようとしていますが今も洗脳されているのでしょうか。

 

メディアに対しての無言の対応もあの頃と変わっていませんし、独特な考え方も変わってないように思えます。

現在の洗脳の状態まではわかりませんが

かつての洗脳が貴乃花親方の人生に大きな影響を与えたことは間違いないようです。

 

貴乃花親方の座り方に対する意見

大相撲の貴乃花親方(45、元横綱)の母でタレント、藤田紀子(70)が20日、

テレビ朝日系「ワイド!スクランブル 第2部」(月~金曜後0・50)に生出演。

日本相撲協会の臨時理事会に出席した貴乃花親方を見守った。

 

番組では理事会冒頭の様子を紹介。毅然(きぜん)とした表情で椅子に深く腰を掛ける貴乃花親方の姿に、

藤田は「落ち着いていると思います。ただ精神的な疲れが出てきている」と様子を伝えた。

さらに、貴乃花親方の座り方についても言及。

「姿勢が良すぎてふんぞり返っているように見えますけど、ふんぞっているんじゃないんです。

背を丸めないように育てていますからね。これは仕方ない」と解説した。

以上になります。

今回は貴乃花親方についてのまとめでした。

コメントする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.