古村比呂の離婚の理由は?子宮頸がんのステージは?再発?元旦那や息子は?

古村比呂の離婚の理由は?子宮頸がんのステージは?再発?元旦那や息子は?

Pocket

今日は女優、古村比呂さんについて書いていきます。

古村比呂と布施博が離婚!

古村さんの元旦那さんとは布施博さん。

 

古村比呂と布施博は、1992年に結婚して以来、おしどり夫婦と認識されていましたが、2009年4月に離婚しています。布施博といえば、1995年に浮気が発覚し、その2年後には、別の女性の顔に大怪我を負わせて600万円支払うなどトラブルメーカー。

 

 

会見では、古村比呂は離婚原因を明らかにしませんでしたが、「布施博の不倫やDVが離婚原因?」と問われても否定はしませんでした。布施博のほうは、古村比呂が、介護のために両親を引き取ったことが不満だったようです。さまざまな要因が絡み合って2002年にマイホームを売却し、2006年には別居に至った古村比呂と布施博。

別居後、古村比呂は、布施博に離婚の話合いを持ちかけましたが全く応じてもらえず、3人の息子の養育費さえ送られてきませんでした。古村比呂が、2008年12月に、家庭裁判所へ調停申し立てを行いましたが、布施博は、第1回調停を欠席。2009年4月にようやく離婚が成立したのだといいます。

 

 

介護問題では、古村さんには重い糖尿病を患っている父親と高齢の母親がいて、ふたりを自宅に引き取ったのですが、布施さんからしてみれば、家に帰るといつも義父母がいるので、夫婦げんかが多くなっていったと布施さんの知人が発言しています。

2006年に3人の息子を連れて、家を出て行った古村さんですが、2年以上も経ってから離婚を決意したと言われています

 

しかし、その離婚の話し合いに布施さんが全く応じず逃げ回っていたため、なかなか離婚が成立しなかったようです。

いわゆる泥沼離婚

 

 

親権者は古村さん

 

 

んーーー

布施さんの人となりを知らないのですが、やはり情報をみる限りでは、布施さん側に色々問題があるような気がしてなりません。・

 

古村比呂と離婚後の2012年、布施博は、自身の主催する劇団員で14歳年下の井上和子と再婚しています。この井上和子という人物は、劇団創設から布施博を支えてきた女性で、1995年に発覚した不倫相手との噂も。その井上和子が、布施博と共に、「行列のできる法律相談所」に登場して、何と古村比呂の息子をネタにしました。

 

これには古村さんも激怒したようです。

特に再婚相手からの手紙に、布施さんへの感謝の思い、そして布施さんと古村さんの息子たちへのメッセージも含まれていたそうで

 

「3人とも私の本当の子どもではないけど、とても愛おしくまた頼もしいと思っています。子どもたちがいつ泊まりに来てもいいようにと用意している小さな部屋も、ほとんど使ったことはないけど、もう少しこのままにしておきましょう」という手紙。

 

スタジオや布施の涙を誘ったそうですが、勝手に息子の写真が使われていたことも古村さんの怒りを買ったそうです。

 

 

子宮頸がん、再発。

離婚問題、介護問題と様々な苦労をしてきた古村さんが2012年に患ったのは、なんと「子宮頸がん」

」。

ステージはⅠ期だったようですが、子宮全摘出しています。

 

その後遺症からリンパ浮腫を発症し、3年以上左足が腫れあがって苦しんでいたらしいです。

 

 

また、顔に原因不明の発疹が出来ていたことも発覚。こちらの発疹は「ニキビダニ」

による顔ダニで、顔ダニの繁殖お抑える薬を処方され、回復したようです。

女優さんなのに顔ダニで悩まされるなんて、さぞストレスがかかったことでしょうね。。

 

 

 

ガンのその後は??

 

2018年2月に行われたイベントにて古村さんの口からがん再々発の告白がありました。

 

古村は「がんについて語ろう」と題したトークコーナーで「あるがまま、がんと歩む」のテーマで話を始めたが、冒頭でいきなり涙を見せ「ご報告があります。去年の11月にがんが再々発しました。(今年の)1月から抗がん剤治療を始めました」と報告した。

古村は2011年に子宮頸(けい)がんを発症。12年3月に手術を受け、一命を取り留めた。完治したかに思われていたが、17年3月にがんが再発し、1カ月の治療で再び治癒したとされていた。

古村は「肺とリンパ節にがんが見つかりました。なんでだろうとなかなか気持ちの整理がつかないでいるんですけど、早期発見できてよかった」と話し、現在は通院しながら抗がん剤治療を受けているという。古村は「(抗がん剤で)髪の毛が抜けて、きょうはウイッグです」とも打ち明けた。・2012年に子宮頸がんのため広汎子宮全摘出手術をうけた

 

 

古村は「2012年に子宮頸がんが見つかり、子宮全摘出をしました。そして転移がなく経過観察。でも5年目の去年3月に再発。去年の11月にガンが肺とリンパ節に再々発しました」と告白。「検査を受けてなければ自覚症状がないくらい」と早期発見であることも明かした。「3回、色んなことがあってあわただしいですが、これは生まれ変われるチャンスだと思って、1月から始まっている抗がん剤治療を頑張っています」と前向きに語った。

本当に、こんなに苦労されているのに、病魔は容赦ないんですね。

 

どんな困難に対しても、常に前向きに明るく進もうとされている古村さん!

 

一日も早く病気が治って、

愛するお子さんたちと幸せで安心できる生活を送っていただきたいなと心から思います!

 

今後も続報あればお伝えしていきますね。

 

コメントする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.